今回ご紹介するラーメン屋は 

『純風殿』

場所は前回紹介した麺座ぎんのすぐ近く、南海電車堺東駅(高野線)から歩いて3分ほど、
駅北西口から出て、りそな銀行角を西へ、150mほど行ったところにお店があります。

黒と黄色で統一され、暖簾や提灯などはなく、今風な感じの外観をしています。

店内壁には ”デスカレーつけめん” なる ”激辛つけめん” を完食した人の記念写真が
ずらりと並んでいました(タバスコの300倍の辛さのデスソースをたった1滴加えただけ)。
どれだけ辛いのか想像もつきませんが、学生や若い子には遊び感覚で楽しいようで、
私が行った時も数人がチャレンジしていました(舌痛そう・・・)
また、こちらのお店、学生は麺が大盛無料もしくは、100円のキャッシュバックがあります!

店内は厨房と対面にカウンターがあり10席ほど、2人でお店を切り盛りされていました。

こんな感じ
純風殿_カレー純風殿_純情屋

私が今回注文したのは『カレーつけ麺』 750円

豚骨と鶏ガラをベースに、魚介(鰹節)と野菜とをトロトロ煮込み、さらに12種類の
香辛料や醤油、豆乳などを加えたカレーのつけダレです。見た目はカレーのルー、
口の中に入れると、野菜の甘みがほんのり感じられ、後から適度の辛さがきます。
かなり食が進みますし、ご飯がほしくなります(笑)
丁寧な仕事をこだわりもってされているのが掲示物からもよく伝わってきます。が、
私にはどうしても美味しいカレールーという印象が強く、その枠から抜け出せない・・・
とにかく粘度の強いつけ汁でした(例えるならマヨネーズくらいの粘度ですかねぇ)。

小麦粉とかん水のみを使用して作った自家製極太麺は、日によって配合を変えて
いるというこだわりよう。麺自体に強いコシがあり、小麦の香りも豊かでめちゃ美味い!
やさしい色あいもかなりGOODです!

炙ってある角切りチャーシューが3つ4つ入っていて、柔らかくてなかなか美味です。
がしかし、香ばしい味はどこへやら、カレーの味しかせず、炙った意味が・・・

麺も、チャーシューもこだわっていて、ほんとに美味しかったですが、全てがカレーに
負けてしまい、カレーつけ麺というか~カレーうどんを食べてるみたいでした。
逆に、この濃さは他に例がないので、貴重であることは間違いありません。

純風殿じゅんぷうでん_画像純風殿_辛い

純風殿_堺東純風殿_つけ麺純風殿_学割

 『純風殿』のここがおすすめ

 ・ 辛いもの好きにおすすめ(辛いのを食べるとお店に写真が掲載してもらえます)

 ごちそうさまでした。

 ということで勝手に採点!
純風殿

☆ 
純風殿 お店情報

 住所
   大阪府堺市堺区北瓦町2-2-25
 営業時間
   平日11:30~14:30、17:30~25:45
   土曜11:30~14:30、17:30~24:15
   日曜・祝日 12:00~14:30、18:00~22:00
 定休日
   年末年始のみ

最後までご覧いただきありがとうございます!
できましたら ↓ クリックをお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村