今回ご紹介するラーメン屋は 

『中華そばそのだ』

場所は、JR環状線 玉造駅から歩いて1,2分、
東側(地下鉄玉造方面とは反対側)から出て、公園手前角を左へ曲がり、2つ目の
角を右へ曲がったところにお店があります。

こちらは、10月13日に神戸市灘区から移転オープンした尾道ラーメンのお店です。
屋号に光が当り、その加減で影ができ、白壁に黒文字が浮かび上がるよう表現され、
なんとも幻想的な雰囲気があります。暖簾には、”尾道井上製麺所”の文字が書いて
あり、本場尾道の麺を使ったラーメンということで、テンションが上がります。

店内は、厨房と対面する形でカウンターになっていて7席、2人掛けのテーブルも1つ
ありました( 2つだったかな? )。店主と女性スタッフの2人でお店を切盛りされて
いましたが、平日はオープンして間もないこともあり、人が足りない状況のようです。
なので、当面はお店のツイッターを確認された方が確実かもしれません。

こんな感じ
中華そばそのだ_外観中華そばそのだ_店内

私が今回注文したのは、中華そばにチャーハンがセットになって 820円

鶏がらをベースに魚介と豚をプラスした醤油味のスープです。プルプルした大きな背脂が
スープに浮かんでおり、蓮華ですくうとガッツリ乗ってきます。
また、表面にはかなり分厚い脂の層があり、最初は『少しオイリーだなぁ』と思いましたが、
醤油、魚介の旨みと風味が強くパンチがあったので、逆にこのくらい濃いほうが、 全体の
バランスがよく、熱々の状態で最後まで美味しく頂くことができました。

中太平打ストレート麺は、尾道の井上製麺所から仕入れているようです。加水率が低く、
平打ち麺のわりには噛み応えのある、しっかりした麺で、スープとの相性は流石という他
ありません。麺の表面には脂が膜を張り、すすりやすく、ツルツルしています。
麦の香りもあり、かなり美味しい麺でした。

チャーシューは大ぶりのバラ肉が一枚入っています。かなりの重量感があり、密度が濃く
ボリューミーなチャーシューでした。脂身は控えめで、旨みはしっかりと感じることができ、
肉々しさ加減がGOODです!

シンプルな見た目とは対照的に洗練された味とボリュームがある中華そばでした。

中華そば単品で550円とかなりコストパフォーマンスが高く、美味しいチャーハンを
付けても820円と、かなりお徳な価格設定になっていますので、満足感はひとしおです。

中華そばそのだ_玉造駅そのだ_井上製麺所

中華そばそのだ_チャーシューそのだ_ガリガリガリクソンそのだ_尾道ラーメン

そのだ_チャーハンそのだ_祝花

 『中華そばそのだ』のここがおすすめ

 ・ 本場尾道の麺、パンチのある熱々スープ、ボリューミーなチャーシューがおすすめ。

 ごちそうさまでした。

園田_提灯そのだ_メニュー

 ということで勝手に採点!

中華そばそのだ

☆ 中華そばそのだ お店情報

 住所
   大阪府大阪市東成区東小橋1-1-9
 営業時間
   11:00~22:00
 定休日
   火曜日、第三日曜日

最後までご覧いただきありがとうございます!
できましたら ↓ クリックをお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村