今回ご紹介するラーメン屋は 

『ぼっこ志』

場所は、大阪市営地下鉄 御堂筋線 難波駅から歩いて3,4分、
25番口から出て、御堂筋を北へ200mほど歩き”道頓堀川北詰”交差点を左へ、
さらに100mほど行ったところにお店があります。

豊中は庄内から始まったラーメン店、その名は”ら~めん志”(既に閉店)。その2号店
が十三にある
ばっこ志、そして2月12日に3店舗目がこの地にオープンいたしました。

賑やかな飲食街の中にお店がありますが、歩行通路側に電光看板があるので比較的
容易に見つけることができます。やや狭い間口から店中へ入ると、鰻の寝床のような、
細長く広い空間が広がります(十三店と同じような構造です)。
手前には、厨房と対面型のカウンターが5席ほどあり、奥はテーブル席になっています。
木目を基調とした店内で、比較的ゆったりと座ることができ、新築のような新しい香りが
しました。
お店は店主一人で切り盛りされていましたが、ハキハキとしていて、たいへん気持ちの
よい接客をされていました。

こんな感じ
ばっこ志_外観ばっこ志_外観2ばっこ志_店内

今回私が注文したのは、『鶏白湯』 と高菜ご飯で 1000円

鶏ガラをベースにした塩味のスープです。今まで見たことがないほど白く、表面には大粒の
香味油が白いスープをより白く演出しているようにも見えます。ミルクのようなビジュアルで、
舌触りがとてもよく、クリーミーでまろやか、鶏から摂ったとは思えない、とて美味しいスープ
です。

自家製の中細ストレート平打麺は、適度なコシがあります。スープとの絡みもよく、スープの
白に同化するほど、負けず劣らず白い麺でした。レッドオニオンとカイワレのシャキシャキが
麺のコシにうまくマッチして、なかなか美味でした。

きれいな色をした鶏のムネ肉とモモ肉のチャーシューが各1枚づつ入っていましたが、
とても柔らかく、上品な薄味でした。高菜ご飯は、正直言って、普通です。高菜に唐辛子が
入ったシンプルな高菜ご飯で、味付けもやや薄めな印象です。ただ、ここにスープを少し
入れると味が劇的に変化します。なかなか美味です。見た目は牛乳ご飯味みたいなことに
なってしまいますが・・・
やはり、こちらのラーメンは、スープがメインと言っても過言ではないでしょう。

ばっこし_ラーメンばっこ志_スープ

ばっこ志_なんばばっこ志_オニオンばっこ志_チャーシュー

ばっこ志_高菜ご飯

 『ぼっこ志』のここがおすすめ

 ・ クリーミーでまろやかなスープがおすすめ!

 ごちそうさまでした。

ばっこし_メニュー

 ということで勝手に採点!
ばっこ志 なんば

☆ 
ぼっこ志 お店情報

 住所
   大阪府大阪市中央区西心斎橋2-6-10
 営業時間
   [月~金]11:30~14:30、18:00~23:00
   [土・日・祝]11:30~23:00
 定休日
   不定休

最後までご覧いただきありがとうございます!
できましたら ↓ クリックをお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村