今回ご紹介するラーメン屋は 

『一福』

場所は阪急宝塚線 石橋駅から歩いて5,6分、
西口を出て、171号線に出ます。踏切を超え、”石橋阪大下”交差点を渡って50m程歩いた
ところ ( 171号線沿い ) にお店があります。看板がとても大きいので直ぐに見つけられると
思います。

心斎橋にもお店がありますが、営業が夜のみで、常に行列が出来ているので、少しハードル
が高いかもしれません。一方、石橋(本店)は昼から営業していて、行列も比較的少ないので、
入りやすいと思います。真っ赤な看板に大きな字で”一福”と書かれた屋号が特徴的で、屋号
脇には元祖博多屋台の文字も見受けられます。

外から中の様子がよく見え、全ての場所から中に入ることができます。逆に通路が狭いので、
一度中に入ると移動ができません。なので、空いている座席を外から確認し、そこから中へと
入ります。店内はカウンターのみで10席ほどありました。
スタッフ3名でお店を切り盛りされていて、接客応対はなかなか丁寧です。

こんな感じ
一福_外観一福_店内

私が今回注文したのは、『ラーメン』 にAセットのそぼろ丼をつけて 880円

麺は、博多麺か久留米(卵)麺、硬さは柔らかめ・普通・カタ・バリカタ・ハリガネ・粉落とし
の6段階、背脂は無し、普通、2倍、3倍から選択できます。私は博多麺のバリカタ、背脂
普通でお願いしました。

豚骨をベースにした醤油味のスープは、雑味がなく、純粋に豚骨の旨みを楽しむことが
できます。豚骨特有の臭みが適度にあり、油分も適量できれいに乳化分散されています。
コクがあって、あまりこってりしていないので、油断するとスープを飲みほしてしまいそうに
なるほど、癖になる美味しいスープでした。

極細のストレート麺は加水率低めで、バリカタにしたので、噛むとパッツンと切れる触感
で歯ごたえがよく、スープの絡みもとてもよいです。小麦の味もしっかり感じられる美味い
麺です。

チャーシューは薄めの肩ロースが3枚ほど入っています。箸で持ち上げると崩れ落ちそう
なほど柔らかく、脂身が適度に含まれています。ネギを包んでスープと一緒に食べると
シャキシャキして、なかなかGOODです。

ラーメンはとても美味しかったですが、そぼろ丼がかなり塩辛かったのが残念でした・・・
タレの分量は半分位でも十分だったと思います。とろろごはんにすれば良かったと少し
後悔するほどですね。

一福_ラーメン一福_豊中

一福_バリカタ一福_チャーシュー一福_ネギ

一福_そぼろ丼

 『一福』のここがおすすめ

 ・ 純粋に豚骨の旨みを楽しむことができるスープがおすすめ。

 ごちそうさまでした。
一福_メニュー

 ということで勝手に採点!
一福

☆ 一福 お店情報

 住所
   大阪府豊中市待兼山町22-2
 営業時間
   11:00~23:30
 定休日
   水曜日

最後までご覧いただきありがとうございます!
できましたら ↓ クリックをお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村