今回ご紹介するラーメン屋は 

『来頼亭』

場所は、広島電鉄 宇品線 県病院前駅から歩いて1分、 駅を降りて北へ70mほど
歩いたところ左手にお店があります。こちらのお店、創業は1948年1月で、広島県
内で現存するラーメン店で3本の指に入るんじゃないでしょうか。

タイムスリップしたかのような昭和な世界観のある外観で、お店の名前も古い字体?
なのか、一瞬読めませんでした。店内も思った通りというか、どこか懐かしい祖母の
家と同じニオイがします(ちなみに祖母の家も広島です)。店内は、6,7人が座れる
テーブルが2卓と、2人掛け?のお座敷が2つありました。壁にはカープのポスター、
カレンダー、サイン等が貼ってあり、広島の人はほんと、カープ愛がすごぃです。

お店はおばあちゃん、お母さん、娘さん、3世代?の女性3人で切り盛りされていて、
主におばあちゃんが接客をされていました。懐かしい広島弁を聞きながら、終始癒さ
れておりました(笑)

こんな感じ
IMG_0766 IMG_0771

私が注文したのは、『中華そば小』 580円

注文してから出てくるまでの時間が3分程と早く、大阪のイラチ人間でもお釣りがくる程
のスピード感で驚きました。
スープは豚骨をベースに鶏ガラ、野菜等を加えた醤油味です。 中華そばと言えば醤油
の清湯スープをイメージしていましたが、濃厚で粘度があり、豚骨特有の臭みも適度に
入っている白濁スープでした。口当りがよく円やかで、旨みがギュッと凝縮されたとても
美味しスープで、飲み終わった後に微かに残るコラーゲン成分もいい感じです。

中細のストレート麺は、やや柔らかい設定になっていましたが、モチモチしてスープとの
絡みがよく、玉になりにくく、食べやすい麺でした。ラーメンには珍しく、錦糸卵が入って
いました(食糧難の当時、比較的入手し易かった卵を、華やかな彩りとして使用し始め、
60年あまりたった今でも続けているんだとか)が、 これが麺と絡み、 また違った触感と
味が楽しめました。

薄めのチャーシューが2枚入っていましたが、箸でつかむと崩れそうなほど柔らかく、歯
が必要ないほどトロトロで美味しかったです。その他の具材として、刻みネギ、モヤシが
入っていました。
白、緑、黄という彩りのよいラーメンで、コストパフォーマンスのよい、美味しいラーメンでした。

IMG_0779 IMG_0781

IMG_0782IMG_0784 IMG_0785

 『来頼亭』のここがおすすめ

 ・ 旨みの凝縮されたスープがおすすめ。

 ごちそうさまでした。

IMG_0768


 ということで勝手に採点
キャプチャ
広島観光のおまけ(三段峡)
IMG_1010

☆ 来頼亭 お店情報

 住所
   広島県広島市南区西翠町3-3
 営業時間
   [火~土] 11:00~15:30、17:00~20:00
    [日・祝]   11:00~19:00
 定休日
   月曜日

最後までご覧いただきありがとうございます!
できましたら ↓ クリックをお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村