今回ご紹介するラーメン屋は

『セアブラノ神 壬生本店(2回目)』

こちらのお店は、新潟のご当地ラーメン、燕三条系を提供するお店で、大阪
ではが有名です。こちらの店主は、水商売やレストラン、焼肉屋、
『麺屋中野』や『担々麺あかり』を経て、2013年に『セアブラノ神』を
オープンされました。関西ラーメンKINGの(VOL22.セアブラノ神)を見て、
波乱万丈な人生を送っている方なんだと知りました。色々と経験されている
人はやはり意思が強く、志が違いますね。

さて、こちらのお店に訪問したのは4年ぶりで、2回目になります。外観や
内装は当初と変わっていないものの、ラーメンのクオリティが進化している
印象をうけます。器や色、食材の配置がバランスよく、ビジュアルもとても
綺麗です。極太の縮れ麺は、スープや背脂がしっかり絡まりますし、一本が
重く、噛み応えがあるので少し入れただけでも口の中がいっぱいになります。
チャーシューもしっかり歯応えがあり、噛めば噛むほど肉の旨味が出てきて
とても美味しい。スープは煮干しなどの魚介系出汁が効いた醤油味で、背脂
が表面をキラキラと輝きながら覆ってます。美味しい一杯でした。
一乗寺にも支店があるようなのでまた行きたいと思います。
IMG_3735IMG_3756
IMG_3765IMG_3750IMG_3739
IMG_3746IMG_3753IMG_3774
ごちそうさまでした。
☆ セアブラノ神 壬生本店 お店情報
 住所
   京都府京都市中京区壬生相合町25-4デイスターアベニュー 1F
 営業時間
   11:00~15:00、18:00~22:00
 定休日
   月曜日